貴金属のコストパフォーマンス

貴金属のコストパフォーマンス

20才くらいからアクセサリーを着けないでいた事が無いというくらい貴金属が好きです。
しかしこう金やプラチナが高騰すると買うのもなかなか買えません。
18金ダイヤネックレス(ダイヤは0.1カラット以下)で三万もしました。
一昔前なら金のネックレスは一万円代だったのに。
それなりにボリュームがあって手が届く範囲ですと今はシルバーが主流になります。
シルバーに金メッキという感じですね。
最近思ったのは高いお金を出して本物を買う必要性がどこまであるかです。
職場の同僚がキラキラ光るダイヤのピアスをしていたので内心(高そうだなあ)と思っていましたら、なんと2000円でした。
ダイヤはジルコニアだったのですね。
ぱっと見片耳0.1カラット以上に見えます。
透明感があって素敵でした。
私も同じようなサイズのダイヤピアスをもっていますが2万円弱でそこまで光っていないのです。
天然のダイヤは傷が入ったりしていて余程お値段の高いものでないと無色透明というのはあり得ません。
綺麗さで言えばジルコニアのほうが完全に無色透明ですから綺麗です。
そこはやはり貴金属をファッションの一部で使うか所有欲を満たすもので選ぶかの差かもしれません。
ダイヤを持っているという気持ちはやはり良いものです。

イザとなったら売れるというのもありますが。
しかし、10分の1の値段でそれより見かけが良いものが買えるとなればそちらを選ぶのもありだと思います。
本物は1個だけ持ち、あとはジルコニアや合金で遊ぶというのが一番コストパフォーマンスが良いのでしょう。
安物はすぐにメッキが禿げたり壊れても惜しくないですしね。
でも何故かニセモノを買うのは楽しくないですね。
私にとって貴金属とは所有欲を満たせるものなのかもしれません。